軽自動車の貨物車

男性と女性

軽貨物とは、「軽自動車の貨物車」のことを指します。軽トラックや軽バンなどが軽貨物車です。汎用性が非常に高い軽貨物車は、「物流の要」といっても過言ではありません。軽貨物車の特徴といえば、「黄色地もしくは黒地のナンバープレートをつけている」ことが挙げられます。黄色地のナンバープレートをつけているタイプは自家用車であり、黒地のプレートをつけているタイプは業務用車です。ナンバープレートの色によって、用途を見分けることができるのが大きな特徴です。軽貨物の営業車の業務内容は様々ありますが、大別すると、「宅配業務」と「スポット業務」に分けられます。宅配業務というのは、会社で荷物を積んだ後に、目的地まで荷物を届けるという、オーソドックスなサービスです。届けた件数に応じて、売り上げが変わります。一方、スポット業務というのは、企業間のチャーター便が大半を占めています。宅配業務とは異なり、走行距離によって売り上げが変わります(距離制ではなく固定制の場合もあります)。軽貨物車は、日本の物流において、とても重要な役割を担っています。まさに、「縁の下の力持ち」的存在です。軽貨物には、荷物を運んでほしいなどの個人的な依頼をすることもできます。インターネットには軽貨物専用のサイトがあるので、直接依頼すると良いでしょう。軽貨物を使って仕事をしたいという場合にも、インターネットで簡単に仕事を探すことができるので、軽貨物業務を始めることは決して難しくありません。